3日午前5時20分頃(現地時間)、北朝鮮の列車が国境地域の丹東駅に到着した。

17両編成の列車で金正日が乗車した可能性が高いとされている。

丹東は中国へ向かう際に必ず通らなければならない都市で、この列車は丹東で30分程停車していた。

丹東駅周辺には中国の公安と国境警備隊が厳重警備を行っており、フェンスは30日から設置されたと伝えられた。