北朝鮮の祖国平和統一委員会(祖平統)の報道官(スポークスマン)は21日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、韓国の文在寅大統領が「われわれの核戦力強化措置に言い掛かりをつける悪口をためらわずに吐いている」と非難した。

報道官は、「現南朝鮮当局者が執権後、北南合意の履行と対話を通じた問題の解決を唱えながらも時をかまわず、われわれを刺激する不純な言動を続けている」と指摘した。

また、文氏が「6・15南北首脳会談17周年」の記念式典で、核とミサイル問題をめぐり北朝鮮を非難したことに対して、「これらすべてのことが自分らの不穏当な行為によって北南関係が開かれない責任をわれわれに転嫁しようとする術策であることは言うまでもない」と主張した。