北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は18日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米国が北朝鮮の外交信書物を強奪したと非難した。

外交関係に関するウィーン条約の第24条は「使節団の公文書及び書類は、いずれの時及びいずれの場所においても不可侵とする」としている。

報道官によると、米ニューヨークで行われた障害者権利協約当事国会議に参加した北朝鮮の代表団が16日、ニューヨークのケネディ空港で帰国のために搭乗しようとしていた時に外交信書物を強奪されたという。

    関連記事