北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは15日、韓国政府が「6・15共同宣言」発表17周年の共同行事を行わなかったと非難する談話を発表した。

談話は、「今回の民族共同行事にいかに臨むかということは北南関係の改善と統一に対する現政権当局の立場を見計らえるようにする一つの試金石であると言える」と指摘した。

つづけて、「しかし、南朝鮮当局は始めから『韓米首脳会談前の6・15共同行事の開催は負担になる』『国際制裁の枠内で検討する』などと言って気乗りがしない態度を取った」と述べた。

さらに、「特に問題になるのは、定見もなく米国と保守勢力の機嫌だけをうかがう哀れな境遇で北南関係の改善をうんぬんする南朝鮮当局のとんでもない言動である」と主張した。

そのうえで「南朝鮮当局が今のように進むと、北南関係の改善はおろか、執権全期間にまともな対話を一度もできずに内外の非難と呪いだけを買った保守『政権』の恥ずべき轍を踏む結果しかもたらさない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

民和協の代弁人 南朝鮮当局は全民族と各階層の民心を愚弄してはならない

【平壌6月15日発朝鮮中央通信】民族和解協議会のスポークスマンは、6・15共同宣言発表17周年に際して行うことにした北・南・海外の民族共同行事が南朝鮮当局の優柔不断であいまいな態度によってとうとう実現されなかったことに関連して15日、談話を発表した。

談話は、今回の民族共同行事にいかに臨むかということは北南関係の改善と統一に対する現政権当局の立場を見計らえるようにする一つの試金石であると言えるとした。

しかし、南朝鮮当局は始めから「韓米首脳会談前の6・15共同行事の開催は負担になる」「国際制裁の枠内で検討する」などと言って気乗りがしない態度を取ったことについて暴いた。

談話は、これが一日も早く北南関係を改善し、6・15時代のような和解と団結の新しいページを開くための民族共同行事開催の雰囲気に水を差す重大な反統一的犯罪行為になるということは言うまでもないとし、次のように強調した。

特に問題になるのは、定見もなく米国と保守勢力の機嫌だけをうかがう哀れな境遇で北南関係の改善をうんぬんする南朝鮮当局のとんでもない言動である。

以前の民主改革「政権」が米国の承認や保守勢力の同意を受けて両北南宣言を採択したのではないということを南朝鮮当局ははっきり知らなければならない。

北南宣言履行のような根本的な問題は回避し、民間交流を許容してやるとして北南関係が改善されるのではない。

現南朝鮮当局の優柔不断な態度は6・15共同宣言と10・4宣言の精神を継承した「政権」、キャンドル民心を代弁しようとする「政権」であるのかを疑わざるを得なくしている。

南朝鮮当局が今のように進むと、北南関係の改善はおろか、執権全期間にまともな対話を一度もできずに内外の非難と呪いだけを買った保守「政権」の恥ずべき轍(てつ)を踏む結果しかもたらさない。

南朝鮮当局は、北南関係の改善と朝鮮半島の平和と統一を願う全民族と各階層の民心をこれ以上愚弄してはならない。

    関連記事