北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは15日、韓国政府が「6・15共同宣言」発表17周年の共同行事を行わなかったと非難する談話を発表した。

談話は、「今回の民族共同行事にいかに臨むかということは北南関係の改善と統一に対する現政権当局の立場を見計らえるようにする一つの試金石であると言える」と指摘した。

つづけて、「しかし、南朝鮮当局は始めから『韓米首脳会談前の6・15共同行事の開催は負担になる』『国際制裁の枠内で検討する』などと言って気乗りがしない態度を取った」と述べた。