北朝鮮国営の朝鮮中央通信は13日、韓国の文在寅大統領を非難する論評を配信した。

論評は、「米国が、南朝鮮当局に対する露骨な馴らしに乗り出した」としながら、「青瓦台、外交部の連中を米国に招き入れて6月下旬に予定されている『韓米首脳会談』で南朝鮮当局者が他のことを言えないように事前に釘を刺す一方、米国を訪問すれば『最大限の礼遇をする』とおだてる劇まで演じた」と指摘した。

また、「米国は、南朝鮮で民主勢力が権力のポストに就くたびに極度の警戒心を持って自国と歩調を合わせるように馴らしをしてきた」と述べた。

さらに、「問題は、『米国にいつもノーと答える』という発言をして民衆の人気を集めた現当局者がこんにちになって怖じ気づいて米国の要求通りに『北の変化がある時に対話が可能だ』『THAAD関連調査は既存決定を変えようとすることではない』と言って卑屈に行動していることである」と強調。名指しを避けながら、文在寅大統領を非難した。

そのうえで、「南朝鮮当局が米国にへつらうことで政治的生命を維持しようと思うなら、それは誤算である」としながら、「自分らの執権を支えたキャンドル民心に従うか、でなければ米国に従順であるか。南朝鮮当局はこの質問に立場を明白にしなければならない」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

民心の厳しい目が注視している 朝鮮中央通信社論評

【平壌6月13日発朝鮮中央通信】米国が、南朝鮮当局に対する露骨な馴らしに乗り出した。

政府代表団と議会代表団、個別的な政治家らを南朝鮮に次々と急派して北南関係と「THAAD」配置問題などに関連する手先らの立場を問い詰めながら「正しい与件の下でのみ北との対話が可能だ」「THAAD配置は同盟間の決定として、撤回されてはいけない」と念を押した。

青瓦台、外交部の連中を米国に招き入れて6月下旬に予定されている「韓米首脳会談」で南朝鮮当局者が他のことを言えないように事前に釘を刺す一方、米国を訪問すれば「最大限の礼遇をする」とおだてる劇まで演じた。

これには、現南朝鮮「政権」の出現によって自分らの対朝鮮政策とアジア太平洋支配戦略の実現に重大な障害がきたしかねないという不安感と共に南朝鮮の民主改革勢力に対する米国の体質的な拒否感が潜んでいる。

米国は、南朝鮮で民主勢力が権力のポストに就くたびに極度の警戒心を持って自国と歩調を合わせるように馴らしをしてきた。

金大中、盧武鉉時代に自国駐在南朝鮮大使を呼び出して自国との「同盟」関係にけりをつけるつもりなのかとおどしながら米国の政策を受け入れることを強迫するなど、ありとあらゆることを尽くした。

それゆえ、今後、行われる「韓米首脳会談」もやはり、南朝鮮執権者に対する露骨な「洗脳工程」になるということは言うまでもない。

問題は、「米国にいつも『ノー』と答える」という発言をして民衆の人気を集めた現当局者がこんにちになって怖じ気づいて米国の要求通りに「北の変化がある時に対話が可能だ」「THAAD関連調査は既存決定を変えようとすることではない」と言って卑屈に行動していることである。

米国に対する明白な屈従であると同時に、北南関係の改善と外部勢力排撃を求める同胞の志向に対する反逆行為である。

南朝鮮当局が米国にへつらうことで政治的生命を維持しようと思うなら、それは誤算である。

外部勢力に屈従することは滅びる道であり、民心に従うのが生きる道、正義の道だということは歴史が刻み付けた真理である。

李承晩逆徒から朴槿恵逆徒に至るまで歴代保守一味が任期の前に権力のポストから追い出されたのは、すべて民心に挑戦して外部勢力を後ろ盾にして反統一的・反人民的悪政に狂奔したからである。

現南朝鮮当局の恥ずべき対米屈従行為に憤激した南朝鮮人民の間では今、「君舟民水」という言葉が流行している。

民は水であり、君主は舟であるから川水の力は舟を浮かべたり、怒れば転覆させることもできるという警告の意味である。

自分らの執権を支えたキャンドル民心に従うか、でなければ米国に従順であるか。

南朝鮮当局はこの質問に立場を明白にしなければならない。

民心の厳しい目が彼らを注視している。

    関連記事