6月4日の北朝鮮は、普天堡(ポチョンボ)戦闘の勝利を祝う日だ。普天堡戦闘とは、朝鮮半島が日本の植民地支配下にあった1937年6月4日、後に北朝鮮主席となる金日成氏が率いるパルチザン部隊が、今の両江道(リャンガンド)普天(ポチョン)郡を襲撃したとされているものだ。

金日成氏は著書「世紀とともに」の中で、普天堡戦闘を「日本帝国主義の植民地支配に終止符を打ち、民族の独立と自主権を回復させようとする朝鮮人民の革命的意志と不屈の闘争精神を内外に広く示した」と自賛している。

一方、これを否定する情報もある。

    関連記事