北朝鮮の朝鮮中央通信は31日、米トランプ政権の対北朝鮮政策の4大方針に反論するチョン・スンホ氏なる人物の個人名による論評を配信した。

トランプ政権は、▼北朝鮮を核保有国として認めない▼全ての制裁と圧力を加える▼北朝鮮の政権交代を推進しない▼最終的には対話で問題を解決する──という4大方針を明らかにしている。

論評は、「これは世に発表するには実に恥ずかしい骨董品だと言わざるを得ない」と嘲笑しながら、4大方針に対して反論を展開した。