中国政府は、国連安保理の対北朝鮮制裁決議に基づき、2月19日から北朝鮮産の石炭の輸入を停止する措置を取った。北朝鮮船舶の多くが中国の港から姿を消したが、最近に入って再び動きを活発化させていると、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じている。中国の制裁措置に抜け穴があるか、何らかの理由から制裁が緩められている可能性がある。

(関連記事:中国、北朝鮮からの石炭輸入を今年いっぱい停止

VOAは、船舶の位置情報をリアルタイムで表示するウェブサイト、マリン・トラフィックの情報を引用し、26日の時点で長津江(チャンジンガン)号、クムソン7号、金剛山(クムガンサン)号、ミンフン号など北朝鮮籍の船舶6隻が、中国の龍口港から10キロ離れた海上に、23日から停泊し続けていると報じた。

    関連記事