しかし、大文字、小文字の違いがあるとは言え、「iPad」は言わずと知れたアップル社の製品であり、リョンフン・IPadは同社の商標権を侵害している。

アップル社は、商標と著作権のガイドラインを次のように定めている。

Apple、iPod、iTunes、Macintosh、iMacまたはApple所有のグラフィック・シンボル、ロゴ、アイコンまたはその代替物を含むその他のApple商標の一部または全部を、企業名、商号、製品名またはサービス名称としてまたはその一部として使用または商標登録することはできません。ただし、本ガイドラインで明示されているものはこの限りではありません。(外部リンク

北朝鮮が、米国の大企業の世界的なブランドを盗用するのは今回が初めてだと、NKニュースは指摘する。

    関連記事