北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)の代弁人(スポークスマン)は25日、韓国の保守勢力を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏をはじめとする保守勢力が「北が核とミサイルを放棄しない限り、対話はあり得ない」としながら悪態を連日ついていると非難した。

また、韓国大手紙の朝鮮日報や東亜日報などが、「南北関係を対話で解決するということは幻想である」「政府は北に断固たるメッセージを送るべきだ」などとしながら騒ぎ立てていると指摘した。