北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)の代弁人(スポークスマン)は25日、韓国の保守勢力を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏をはじめとする保守勢力が「北が核とミサイルを放棄しない限り、対話はあり得ない」としながら悪態を連日ついていると非難した。

また、韓国大手紙の朝鮮日報や東亜日報などが、「南北関係を対話で解決するということは幻想である」「政府は北に断固たるメッセージを送るべきだ」などとしながら騒ぎ立てていると指摘した。

談話は、こうした保守勢力の主張に対して、「北南関係の改善と統一に対する全民族の大きな期待と非常に高い熱望に水を差し、対決のかんぬきをより深く差し込む極悪な反民族的妄動である」と糾弾した。

さらに、「かいらい保守一味が民族の志向と大勢の流れに逆行して北南関係の改善を阻み続けるなら、生き尽くした歴史のくずの群れとしての自分らの悲惨な終えんをいっそう早めることになるだけである」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

民和協代弁人、北南関係の改善を阻もうとする南朝鮮のかいらい保守一味の策動を糾弾

【平壌5月25日発朝鮮中央通信】民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは南朝鮮のかいらい保守一味が北南関係の改善を阻もうと必死になってあがいていることに関連して25日、これを糾弾する談話を発表した。

「自由韓国党」院内代表の鄭宇沢、「大統領」選挙に候補として出馬して敗北した洪準杓をはじめとする保守一味は、「政府は北の本質を直視しなければならない」「北が核とミサイルを放棄しない限り、対話はあり得ない」などという悪態を連日ついている。

一方、「朝鮮日報」「東亜日報」をはじめ保守メディアも、「南北関係を対話で解決するということは幻想である」「北の核武装強化に利用されかねない」「政府は北に断固たるメッセージを送るべきだ」と騒ぎ立てている。

談話は、これは北南関係の改善と統一に対する全民族の大きな期待と非常に高い熱望に水を差し、対決のかんぬきをより深く差し込む極悪な反民族的妄動であると糾弾した。

また、こんにち、北南関係の改善は朝鮮半島で平和と安定、繁栄の道を開くか、同族対決と核戦争の惨禍を招くかを決する死活の問題として、それは当局や政派の要求である前に民族の根本志向であると明らかにした。

そして、かいらい保守一味があえて、民族の重大事についてどうのこうのと言って北南関係の改善にブレーキをかけようとすることこそ、実に笑止千万な妄動であるとし、次のように強調した。

保守一味のヒステリックな策動は、朴槿恵弾劾と「大統領」選挙の敗北によって極度の危機に追い込まれた状態の下で、今後、北南関係まで開かれれば同族対決政策の総破たんによって自分らは立地を完全に失って支離滅裂になるしかないという絶体絶命の不安感の発露である。

北南関係の改善は、とどめられない大勢の流れであり、愚かな迷夢から覚めなければならないのはほかならぬ、かいらい保守一味である。

かいらい保守一味が民族の志向と大勢の流れに逆行して北南関係の改善を阻み続けるなら、生き尽くした歴史のくずの群れとしての自分らの悲惨な終えんをいっそう早めることになるだけである。

    関連記事