北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、5月中旬に世界各地で発生した大規模なサイバー攻撃をめぐり、韓国の保守メディアが「われわれに言い掛かりをつけ、よくない世論を流している」と非難する論評を配信した。

今回のランサムウェア(身代金要求型ウィルス)によるサイバー攻撃について、一部のセキュリティ専門家の間からは「北朝鮮が関与している」との主張が出ていた。

論評は、聯合ニュース、ソウル経済、KBSなどが、ランサムウェアの背後に北朝鮮がいると報じたことに対して、「汚らわしくて幼稚な謀略ねつ造騒動だと言わざるを得ない」と非難した。