北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、韓国MBC放送の報道を引用する形で「国連拷問反対委員会が南朝鮮と日本がつくり上げた日本軍性奴隷被害者『合意』を排撃した」と伝えた。

国連の拷問禁止委員会は10人の専門家でつくる委員会だ。日韓をはじめ150か国以上が締結している拷問禁止条約に基づき、条約を締結している国の人権状況を審査する。

同委員会は12日、2015年12月の慰安婦問題をめぐる日韓合意について、「歓迎する」と評価した。一方で、被害者への救済措置や賠償などが十分ではない懸念があるとしながら、韓国政府に対して「韓日合意を見直すべきだ」と勧告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

国連委員会が日本軍性奴隷被害者「合意」を排撃

【平壌5月15日発朝鮮中央通信】南朝鮮の「MBC」放送(13日)によると、国連拷問反対委員会が南朝鮮と日本がつくり上げた日本軍性奴隷被害者「合意」を排撃した。

同委員会は、「合意」の内容で被害者に対する賠償と名誉回復、真実究明と再発防止約束などに関連して内容が不十分であると評価した。

また、日本軍性奴隷被害者に対する賠償と名誉回復が成されるように「合意」の内容を修正すべきだと求めた。

    関連記事