北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)の代弁人(スポークスマン)は13日、韓国で9日に行われた大統領選で保守候補が敗北したことに関する談話を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、「国と民族のためにも、南朝鮮社会の健全な発展と将来のためにも、かいらい保守一味はすでに押し込まれた墓穴から再び抜け出す考えをせず、そのまま腐ってしまうべきである」としながら保守勢力を非難した。

大統領選で洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏が保守勢力を結集させようとしたことに対しては、「保守一味が今回の『大統領』選挙を契機に『再集結』だの、『大統合』だのと騒ぎ立て、有象無象の親朴の連中を糾合してまたもや権力を簒奪してみようと最後のあがきをしたのは、精神的奇形児、人間おしゃかの最後の茶番劇であったと言うべきであろう」と述べた。

また、「かいらい保守一味が権力の座に居座ってしたこととは、南朝鮮を中世的なファッショ暗黒の地、民生と民権の廃虚地帯に転落させ、北侵戦争狂気を振るって同族対決を極大化させたことだけである」と強調した。

そのうえで、「南朝鮮の人民は特大型政治スキャンダルが起こったその時に、すでに青瓦台悪鬼である朴槿恵と共にその追随者であるかいらい保守一味を逆徒の醜悪な共犯者とらく印を押して死刑の宣告を下した」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

民和協代弁人 暗黒時代をよみがえらせようとする南朝鮮かいらい保守一味の妄動を糾弾

【平壌5月13日発朝鮮中央通信】国と民族のためにも、南朝鮮社会の健全な発展と将来のためにも、かいらい保守一味はすでに押し込まれた墓穴から再び抜け出す考えをせず、そのまま腐ってしまうべきである。

民族和解協議会(民和協)のスポークスマンが13日の談話で、上記のように強調した。

談話は、民心に挑戦し、大勢の流れに逆行しながら千秋に許せない罪悪を働いてきたかいらい保守一味が峻厳(しゅんげん)な審判を受けて歴史のドブにはまってもがいていることについて明らかにし、次のように指摘した。

洪準杓をはじめとする保守一味が今回の「大統領」選挙を契機に「再集結」だの、「大統合」だのと騒ぎ立て、有象無象の親朴の連中を糾合してまたもや権力を簒奪(さんだつ)してみようと最後のあがきをしたのは、精神的奇形児、人間おしゃかの最後の茶番劇であったと言うべきであろう。

散らばっていた保守一味を結集させてみようとするかいらい保守一味の凶悪な醜態は、あたかも毒をもってのさばっていてこん棒の洗礼を受けて渦巻きながらのびてしまった毒蛇が血なまぐさいにおいをかいで再びのたくりながら頭を上げる格好を彷彿(ほうふつ)させた。

特に鼻持ちならないのは、かいらい保守一味が「安保危機」と「従北勢力一掃」を再集結の方便に持ち出して、われわれに悪らつに言い掛かりをつけて狂奔したことである。

今まで、かいらい保守一味が権力の座に居座ってしたこととは、南朝鮮を中世的なファッショ暗黒の地、民生と民権の廃虚地帯に転落させ、北侵戦争狂気を振るって同族対決を極大化させたことだけである。

それゆえ、南朝鮮の人民は特大型政治スキャンダルが起こったその時に、すでに青瓦台悪鬼である朴槿恵と共にその追随者であるかいらい保守一味を逆徒の醜悪な共犯者とらく印を押して死刑の宣告を下した。

    関連記事