北朝鮮の内閣機関紙である民主朝鮮は4日、米トランプ政権が「北の首脳部除去」を基本目標としているとしながら、「これは千秋に許せない国家テロ行為であり、朝鮮に対する露骨な宣戦布告だ」と糾弾する論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「過去、米国は反帝・自主的な国々を目の上のこぶと見なして政権転覆のような犯罪行為をはばかることなく働き、ここで味をたっぷりしめた」と指摘。

また、「問題は、愚かにも米国が他国を相手にして強行した国家テロ行為がわれわれにも通じると打算していることにある」と述べた。

さらに、「われわれの最高の尊厳をあえてどうにかしてみようとする者がいるならそれが誰であれ、この地球上のどこにいようとすべて探し出して生存不可能に掃滅するのがまさに、わが千万軍民の鉄の意志である」と強調した。

そのうえで、「米国が共和国の最高の尊厳をどうにかしてみようと少しでも動くなら、白頭山革命強兵の怒号した火の洗礼の前で無縁仏の境遇を免れられない」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 朝鮮の最高の尊厳をどうにかしてみようとする米国に再び警告

【平壌5月4日発朝鮮中央通信】トランプ行政府があえて「北の首脳部除去」を反共和国軍事的圧殺戦略の基本目標と定め、その実現のために東奔西走している。

4日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは千秋に許せない国家テロ行為であり、朝鮮に対する露骨な宣戦布告だと糾弾した。

論評は、次のように指摘した。

過去、米国は反帝・自主的な国々を目の上のこぶと見なして政権転覆のような犯罪行為をはばかることなく働き、ここで味をたっぷりしめた。

問題は、愚かにも米国が他国を相手にして強行した国家テロ行為がわれわれにも通じると打算していることにある。

相手に対する無知について言えば、初学者の水準にしかならないトランプ行政府に明白にしておく。

革命の首脳部擁護を第一の生命、最上の栄光と見なし、その道に自分の一命もためらわずに賭するのがまさに、わが軍隊と人民である。

われわれの最高の尊厳をあえてどうにかしてみようとする者がいるならそれが誰であれ、この地球上のどこにいようとすべて探し出して生存不可能に掃滅するのがまさに、わが千万軍民の鉄の意志である。

米国は、わが軍隊と人民のこの意志をむやみに誤って判断してはいけない。

論評は、米国が共和国の最高の尊厳をどうにかしてみようと少しでも動くなら、白頭山革命強兵の怒号した火の洗礼の前で無縁仏の境遇を免れられないということを再び警告した。

    関連記事