北朝鮮の朝鮮中央通信社は3日、米軍が韓国に配備した最新鋭高高度迎撃システム(THAAD〈サード〉)をめぐり、「最大の被害者になるのは、ほかならぬ南朝鮮人民である」と主張する論評を配信した。

論評は、「南朝鮮に対する米国の『THAAD』配置は徹頭徹尾、ロシアと中国の核報復打撃能力を無力化するためのものとして、その目的は地域における覇権実現にある」と指摘した。

また、「特に、朴槿恵一味の『THAAD』配備追従行為によって南朝鮮は引き続き周辺諸国の政治的・経済的圧迫の中で苦しんでおり、はては当該諸国から1次打撃対象というおびただしい軍事的脅威まで受けている」と述べた。