最近、北朝鮮の中国との国境地域で、韓国製のスマホが人気を集めている。当局は、妨害電波送信機や電波探知器の数を増やすなどして、中国、韓国との通話の妨害に必死になっているが、それらに強いというのが人気の理由だ。

携帯電話の回線速度は、キャリアの電波の質や使用環境に左右される。端末の種類も関係ないわけではないが、業者の間では中国製や北朝鮮製よりも、韓国製の通信速度が速いという話が流れている。

韓国製スマホを使い、画像やメールの送信を素早く行って通信時間を短くできれば、当局に探知されにくくなると考えているようだ。彼らは技術的な知識を持っているわけではないが、中国に長期滞在している貿易関係者や留学生からそのような情報を得たているという。

    関連記事