北朝鮮には、「チャンマダン(農民市場)世代」と呼ばれる人々がいる。概ね1990年代半ば以降に生まれた若者たちだ。

かつての北朝鮮では、国家が食べ物や日用品の配給を握り、それをもって国民を支配していた。しかし90年代の大飢饉「苦難の行軍」により配給システムが崩壊。半ばなし崩し的に市場での商売が解禁され、国民は本来なら禁じられているはずの私有財産を蓄えるようになった。

その流れの中で、人々は国家への依存から脱して自律性を強めてきたわけだが、とりわけ「以前の北朝鮮」を知らない若者たちは、年長の世代よりも強い自我を持っているとされる。彼らは国や社会のことよりも、個人の暮らしを大切にし、現状に対しては非常に批判的で、大人たちを慌てさせる場面も少なくない。

(参考記事:金正恩センスの制服「ダサ過ぎ、人間の価値下げる」と北朝鮮の高校生

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、最近中国を訪れた平壌在住の情報筋から、「最近の若者は大胆過ぎる」との言葉が聞かれたという。