人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

北朝鮮の労働新聞は27日、北朝鮮の核問題をめぐり米国の国連代表部が「意図的に事実をわい曲、誇張して事態を誤伝しようとしている」と非難する論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「先日、国連駐在米国代表がわれわれの正々堂々たる核抑止力強化措置をけなし、それが米国をはじめ国々を危険に瀕するようにしかねない、朝鮮をはじめ『悪い行為を働く国々』が核兵器禁止条約に署名しないだけでなく、履行もしないだろうなどと言いふらした」と指摘。

つづけて、「その内心はなんとしてもわれわれに平和破壊者というレッテルを張りつけて極悪な核犯罪者としての自国の正体を覆い隠し、反共和国圧殺策動を合理化してみようとするところにある」と主張した。

さらに、「われわれが核を保有するようにしたのはほかならぬ米国であり、それを質量共に強化する道へと執ように進ませたのも米国である」としながら、「われわれの核抑止力は誰かを威嚇するためのものではなく、徹頭徹尾、米国の核戦争挑発から国の自主権を守るための自体防衛手段である」と強調した。

    関連記事