北朝鮮の平壌で25日、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)創建85周年を祝う朝鮮人民軍協奏団の音楽舞踊総合公演が行われた。同日、朝鮮中央通信が報じた。

朝鮮人民軍協奏団の音楽舞踊総合公演(2017年4月26日付労働新聞より)
朝鮮人民軍協奏団の音楽舞踊総合公演(2017年4月26日付労働新聞より)

金永南(キム・ヨンナム)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の各氏をはじめ、党、国家、軍隊の責任幹部などや海外同胞祝賀団、反帝民族民主戦線(反帝民戦)平壌支部の代表が公演を鑑賞した。

公演は合唱革命頌歌「金正恩将軍賛歌」と「朝鮮人民軍歌」から始まり、合唱「金日成大元帥万万歳」、管弦楽と合唱「革命軍の歌謡」、男声独唱「戦争の3年間」、混声重唱と合唱「前進する社会主義」などが披露された。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮人民軍協奏団の音楽舞踊総合公演

北朝鮮の平壌で25日、金日成主席の生誕105周年慶祝軍事パレードの参加者のための勲功国家合唱団の祝賀公演が行われた。朝鮮…【平壌4月25日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍創建85周年慶祝朝鮮人民軍協奏団の音楽舞踊総合公演が25日、平壌の4・25文化会館で行われた。

金永南、朴奉珠、崔龍海の各氏をはじめとする党・国家・軍隊の責任幹部と友党委員長、党・武力・省・中央機関の幹部、朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、平壌市内の機関、工場・企業所の幹部、功労者、反帝民族民主戦線(反帝民戦)の平壌支部代表、海外同胞が公演を鑑賞した。

駐朝諸国の外交代表夫妻、武官夫妻、外国の賓客がこれに招待された。

合唱革命頌歌「金正恩将軍賛歌」と「朝鮮人民軍歌」から始まった公演の舞台には、合唱「金日成大元帥万万歳」、管弦楽と合唱「革命軍の歌謡」、男声独唱「戦争の3年間」、混声重唱と合唱「前進する社会主義」などの演目が上がった。

出演者は、チュチェの軍建設の始原を開き、人民軍を無敵必勝の革命強兵に強化発展させた金日成主席と金正日総書記の業績を高くたたえた。

最高指導者金正恩委員長を高くいただいてチュチェの建軍偉業の最盛期を開いていく人民軍将兵の誇りと自負心を歌った。

人民軍軍人の革命的で楽天的な生活を反映した種目、世紀を継いできた反米対決史に終止符を打って祖国の統一を必ず成し遂げるという朝鮮人民軍の気概が脈打つ演目も舞台に上がった。

    関連記事