北朝鮮に対し米国などが圧力を強める中で、北朝鮮は19日からガソリン販売の制限を始めたことが明らかになった。中国の北朝鮮に対する石油禁輸が取り沙汰される中での動きである。

AP通信によると、平壌市内のガソリンスタンドにはガソリンを求めて車が押し寄せ、長蛇の列ができている。通常、ガソリンを購入するにはあらかじめチケットを購入しておかなければならないが、今はこのチケットがあっても売ってもらえず、追い返される。

ガソリンスタンドの中には「外交官または国際機関所有の車に限り販売」との看板を掲げていたり、休業したりしているところもある。