北朝鮮の民族和解協議会が報道官の談話を通じて脱北団体を挙げ、「これから民族の厳しい審判を受ける一番の処断の対象だということを上級機関の命令により、共和国と民族の名で断固に警告する」と発表したと、北朝鮮系オンライン宣伝メディア『我々民族同士』が24日に伝えた。

韓国交流協力担当機高ナある民族和解協議会の報道官が『上級機関の命令により』という表現を使ったのは、金正日の指示であることを意味すると考えられる。

同報道官の談話はデイリーNK、開かれた北朝鮮放送、北朝鮮改革放送を挙げ、「北朝鮮の内部状況について騒ぎ立て最高首脳部を冒涜している。対北謀略宣伝看板を掲げて我々に対する雑言を捲くし立てている」と非難した。

そして脱北者に対しては人間のゴミ、変節者、逃亡者などの汚い言葉を使って非難した。NK知識人連帯、自由北朝鮮運動連合など脱北者団体に対しても「傀儡保守勢力や日米反動分子の反共和国に対する謀略策動、国内外反統一分子のリーダーとして転落した人間のゴミを絶対許さない」と脅した。

続いて韓国政府についても「反共和国の対決謀略策動に気を取られ、脱北者をはじめあらゆるゴミ人間までその突撃隊として使っている。脱北者を集め対北偵察謀略行為に荒れ狂い、我々の最高首脳部を無礼に冒涜していることは許せない」と警告した。

アメリカに対しても「脱北者をホワイトハウスや国会に呼び寄せ、賞を授与する戯事ををしている。反共和国の人権謀略団体は脱北者の活動を財政的に積極的にバックアップしている」と非難した。

日本に対しても「脱北者に会ったり招待をするなどという戯事でメディアを通じて謀略報道をしている」と非難した。