北朝鮮の祖国平和統一委員会の報道官(スポークスマン)は13日、韓国の保守派が 「世論をまどわす卑劣で荒唐無稽な『従北』謀略騒動に執ように執着している」と非難する声明を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

声明は、「かいらい極右保守一味が朴槿恵の弾劾と拘束が『従北勢力の政治工作が招いた乱暴』と『北の指令を受ける親北左派勢力の陰謀』によるものであり、キャンドル闘争の参加者は『北の背後の操りを受ける従北勢力』であるとけん伝しながら、『親北左派勢力を剔抉』して近づく『大統領選挙』で保守勢力が総結束して彼らの執権を無条件阻まなければならないと狂気を振るっている」と指摘。

そのうえで、「行き詰まった統治危機が生じるたびにわれわれに言い掛かりをつける謀略事件をつくり上げ、それから活路を見い出そうとするのはかいらい保守勢力の常套的手口であり、体質化された悪習である」と主張しながら、次のような立場を明らかにした。

1.朴槿恵の悲惨な終えんは南朝鮮の極右保守勢力が「維新」独裁の復活を夢見て逆徒を青瓦台につかせたことによって招かれた必然的帰結である。

2.朴槿恵の悲劇的末路は政治家どころか、人間の初歩的な体裁と思考能力も備えられなかった俗物が「大統領」のポストについたことによって招かれた当然な結果である。

3.朴槿恵逆徒が罷免されて拘留されたのは一介の下手な巫女のような者らの操り人形の役を演じながら同族対決に狂奔してきた特大型の罪悪の代価であり、当然な結果である。

4.南朝鮮のかいらいが大勢の流れを直視できずに無謀な「従北」騒動に執着し続けるなら、北南関係は絶対に改善されず、統一の道はなおさら遠くなるであろう。

さらに声明は、「民族を裏切った逆賊一味に下された歴史の峻厳な裁きは正々堂々としたものであり、かいらい保守一味がいくらあがいても破滅の奈落から抜け出られる活路はどこにもない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

祖平統の代弁人、卑劣で荒唐無稽な「従北」謀略騒動に執着している南朝鮮の極右保守一味を糾弾

【平壌4月13日発朝鮮中央通信】朝鮮祖国平和統一委員会(祖平統)のスポークスマンは、南朝鮮のかいらい保守一味が各階層のキャンドル闘争とそれによる朴槿恵逆徒の弾劾と拘束事態をわが共和国と無理に連関させながら世論をまどわす卑劣で荒唐無稽(けい)な「従北」謀略騒動に執ように執着していることに関連して13日、声明を発表した。

声明は、かいらい極右保守一味が朴槿恵の弾劾と拘束が「従北勢力の政治工作が招いた乱暴」と「北の指令を受ける親北左派勢力の陰謀」によるものであり、キャンドル闘争の参加者は「北の背後の操りを受ける従北勢力」であるとけん伝しながら、「親北左派勢力を剔抉(てっけつ)」して近づく「大統領選挙」で保守勢力が総結束して彼らの執権を無条件阻まなければならないと狂気を振るっていることについて暴いた。

また、行き詰まった統治危機が生じるたびにわれわれに言い掛かりをつける謀略事件をつくり上げ、それから活路を見い出そうとするのはかいらい保守勢力の常套的手口であり、体質化された悪習であると主張した。

祖平統のスポークスマンは、かいらい保守一味が南朝鮮人民のキャンドル闘争とそれによって成された朴槿恵逆徒の弾劾と拘束までわれわれと連関させて途方もない「従北」騒動を起こしていることに関連して、次のような立場を明らかにした。

1.朴槿恵の悲惨な終えんは南朝鮮の極右保守勢力が「維新」独裁の復活を夢見て逆徒を青瓦台につかせたことによって招かれた必然的帰結である。

4年前、かいらい保守一味は「維新」独裁者の後えいである朴槿恵が権力のポストにつけば「第2の漢江辺の奇跡」が起こり、破たんした経済が回復されて「国民幸福時代」が開かれるという荒唐無稽な「朴正煕香水」をふりかけて民心を欺まんし、あらゆる不正詐欺と陰謀的な方法でついに朴槿恵を「大統領」のポストにつかせた。

好機にめぐり合った朴槿恵は機会を逃さずに朴正煕の「名誉回復」を「最優先国政課題」に掲げて「維新」独裁を美化する劇をヒステリックに演じた一方、ファッショ的暴圧と反人民的悪政で南朝鮮を人間の生き地獄に完全に転落させ、外部勢力への屈従と事大主義・売国行為で同胞の胸に我慢できない恥辱を被らせた。

南朝鮮の全域に燃え上がった巨大なキャンドルの海はこれに憤激した民心の爆発であったし、朴槿恵の弾劾と拘束は自覚した人民大衆の断固たる懲罰である。

2.朴槿恵の悲劇的末路は政治家どころか、人間の初歩的な体裁と思考能力も備えられなかった俗物が「大統領」のポストについたことによって招かれた当然な結果である。

「大統領」の権力を汚らわしい私利私欲と蓄財の手段と見なして独断と専横を振るうことはできたが、この世で一番貴重な存在である人民をどのように対し、奉じなければならないのかも知らない政治門外漢、他人が書いてくれた演説文もまともに理解できなくて下手な巫女(みこ)の検討を受けてきた白痴がまさに、朴槿恵であった。

3.朴槿恵逆徒が罷免されて拘留されたのは一介の下手な巫女のような者らの操り人形の役を演じながら同族対決に狂奔してきた特大型の罪悪の代価であり、当然な結果である。

何の定見や初歩的な知覚もなく手下らの操縦に従って動く操り人形の役を演じた朴槿恵が「大統領」の職から罷免されて拘留されるひどい目にあったのはあまりにも当然であるというのが内外の一致した評価である。

4.南朝鮮のかいらいが大勢の流れを直視できずに無謀な「従北」騒動に執着し続けるなら、北南関係は絶対に改善されず、統一の道はなおさら遠くなるであろう。

保守一味の卑劣で荒唐無稽な「従北」騒動はすでに死亡の宣告を受けた朴槿恵逆徒の同族対決政策をなんとしても維持して北南関係の改善と統一の前途を遮断してみようとする断末魔のあがきにすぎない。

人民に背を向け、民族を裏切った逆賊一味に下された歴史の峻厳(しゅんげん)な裁きは正々堂々としたものであり、かいらい保守一味がいくらあがいても破滅の奈落から抜け出られる活路はどこにもない。

    関連記事