人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

先日、かいらい大統領権限代行の黄教安、国防部長官の韓民求、外交部長官の尹炳世は「THAAD」配置について、「北のミサイル脅威に対処するための措置」だの、「主権事項」だのと強弁を張って「韓米両国の合意通りに速やかに『THAAD』を配置するという基本立場には変わりがない」と言いふらした。

かいらい軍部ごろつきも数カ月内に配置を完了すると唱えながら星州地域人民の集団的な抵抗によって「THAAD」配置のための地質分析装備の陸路運送が困難になると、ヘリまで動員してそれをあくまでも星州ゴルフ場内に移送する妄動を振るった。

これは、「THAAD」配置を逆戻りさせられなくすることによって、次期「政権」に朴槿恵逆徒の対決政策と親米屈従のくびきをそのままかけようとする事大主義的売国奴らの極悪な反民族的犯罪行為である。

    関連記事