北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は10日、朝鮮中央通信の記者の質問に答える形で「米国が今回、またもや『カール・ビンソン』号原子力空母打撃団を朝鮮半島水域に投入しているのは、わが共和国に対する米国の無謀な侵略策動が重大な実践の段階に入ったということを示している」と指摘した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

報道官は、「米国があえて『先制攻撃』だの、『首脳部除去』だの、何のとして軍事的選択をするなら、われわれは米国が願ういかなる方式にも喜んで対応するであろう」と強調。

また、「こんにちの峻厳な情勢は、われわれが核戦力を中枢とする自衛的国防力と先制攻撃能力を全面的に打ち固めてきたことがどんなに正当であったのかを再度はっきり実証している」としながら、核開発を正当化した。

そのうえで、「われわれは、米国が自己の横暴非道な行為が招く破局的結果に対して全責任を負わせるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人、朝鮮半島水域に原子力空母打撃団を投入している米国を糾弾

【平壌4月10日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、米国が朝鮮半島水域に原子力空母打撃団を投入していることに関連して10日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

米国が「カール・ビンソン」号原子力空母打撃団を朝鮮半島水域に急派したということが明らかになった。

米国が今回、またもや「カール・ビンソン」号原子力空母打撃団を朝鮮半島水域に投入しているのは、わが共和国に対する米国の無謀な侵略策動が重大な実践の段階に入ったということを示している。

米国があえて「先制攻撃」だの、「首脳部除去」だの、何のとして軍事的選択をするなら、われわれは米国が願ういかなる方式にも喜んで対応するであろう。

こんにちの峻厳な情勢は、われわれが核戦力を中枢とする自衛的国防力と先制攻撃能力を全面的に打ち固めてきたことがどんなに正当であったのかを再度はっきり実証している。

トランプ行政府が「力による平和」を唱えて朝鮮半島地域に戦略打撃手段を投入し続けて愚かにもわれわれをどうにかしてみようとしているが、われわれはそれに眉一つ動かさない。

われわれは決して、平和を哀願せず、われわれに手出しする者に超強硬で立ち向かって強力な力によって自分を守り、われわれの進路に沿って進むであろう。

われわれは、米国が自己の横暴非道な行為が招く破局的結果に対して全責任を負わせるであろう。

    関連記事