金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体が、殺害現場となったマレーシアを離れ、祖国である北朝鮮に向かっている。

同氏の殺害事件をめぐり関係が悪化していた北朝鮮とマレーシアは30日、共同声明を発表して次のように明らかにした。

「朝鮮民主主義人民共和国が死亡者の家族から遺体に関連するすべての文書を提出したことから、マレーシアは遺体を朝鮮民主主義人民共和国にいる死亡者の家族に送還することに同意した」

ここに登場する「家族」は、正男氏とともにマカオで暮らしていた息子のキム・ハンソル氏や、その妹と母親のことでもなければ、北京にいると伝えられる別の妻子のことでもない。