極度の外貨不足に陥っている北朝鮮が、外国の有名ブランドのタバコを輸入した後、これを再輸出する方法でドルを稼いでいると、イギリスの日刊紙フィナンシャルタイムズ(FT)が9日に報道した。

同誌によると、北は昨年2月からイギリスのタバコ製造業者、ブリティッシュアメリカンタバコ(BAT)から輸入したタバコを再輸出し始めた。BATが北に販売したタバコは、「ステートエクスプレス555」をシンガポールで北朝鮮用の「NK555」に包装し直したもので、ナムポ港に輸送された。

しかしこの内、最低でも1万5千箱(630万ドル相当)がナムポ港からベトナムやフィリピンに、両国の航路を経て流入していた事実が確認された。

運送に関するEメールと文献などを確認した結果、これらのタバコはナムポ港を出発し中国大連港を経て、シンガポールに戻って行った。その後、タバコはフィリピンのマニラとベトナムのハイポンに移され、荷物が降ろされた後は行方がわかっていない。

これと関連し、アメリカや日本、オーストラリア、カナダなどではタバコが対北輸出禁止品目であるが、EUやシンガポールはシガーの輸出だけを禁止している為、このような取引が可狽ノなったと把握されている。

北朝鮮は国連の制裁などで武器輸出の経路が徐々に塞がれ、外貨獲得の手段が無い現状を打破するために、タバコの再輸出に活路を見出そうとしたと同誌は分析した。

国連安全保障理事会は北の核実験に対する処置として、北へのぜいたく品の輸出を禁止したが、会員各国が制裁対象目録を個別に作成したことから、このような抜け穴ができたと専門家は指摘している。

一方、BATは再輸出の事実を確認した昨年8月から、北への「NK555」の輸出を中断したと明かした。この会社は2008年度だけで「NK555」を1億7千500万本北へ輸出している。

一方で、この様なタバコの再輸出は「不適切」だと考えられるが、偽造や密輸の摘発に焦点を合わせている税関当局が、これを「不法行為」と判断する根拠が充分でないとも同誌は指摘している。

BATのスポークスマンは、「昨年8月に再輸出された『NK555』をシンガポールで発見した。これについて、シンガポールで法律違反だということを現地当局へ立証できず、荷物を検査することができなかった」と語った。