人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

昨年の年明けの初の水爆実験に続いて、さまざまな攻撃手段の試験発射、核弾頭爆発実験が行われ、大陸間弾道ロケットの試験発射準備が最終段階に入ったことなど、われわれが国防分野において収めた驚異的な成果は世界を驚かし、敵をびっくり仰天させている。

金正恩元帥が白頭の胆力と度胸、千里眼の英知と卓越した指導で先軍革命の兵器廠を強固にしなかったならば、この地には核戦争の惨禍が十回、百回も浴せられ、民族の生存についても考えることさえできなかったであろう。

今、米帝が南朝鮮で核戦略資産を大々的に引き込んで史上最大規模の北侵戦争演習を行って緊張を激化させているが、それは日増しに強化されるわれわれの自衛的核抑止力に対する自分らの不安と恐怖心を覆い、哀れな手先をあやすための単なる虚勢にすぎない。

論説は、米国と南朝鮮のかいらいがわれわれのせん滅的な打撃を避けられる最上の方途はわれわれの尊厳と安全に手出しせず、自重、自粛することだけだと警告した。

    関連記事