遼寧省当局は料金の安さ(往復1500元、約2万4000円)、所要時間の短さ(30分)をメリットとしているが、市民の反応は今ひとつだ。

ある現地の情報筋は、高麗航空の機体は老朽化しており、安全に対する不安を拭いきれないとの声が上がっていると伝えた。

空港当局は路線開設を「観光客の増加によるもの」としているが、これに対しても丹東市民からは次のような声が上がっている。

ソウル路線も廃止

「丹東は北朝鮮に何度も騙されてきた」
「そもそも丹東の人は北朝鮮に遊びになんか行かない」
「他の地方の人は北朝鮮に行くなら北京発の路線を使えばいい」

    関連記事