昨年4月、中国の北朝鮮レストランから脱出し、韓国入りした元女性従業員12人がこの春、大学生となり、新たな生活のスタートを切ったことがわかった。

聯合ニュースが26日、政府当局者の話として「全員が大学に特例入学したようだ」と伝えた。

もともと、韓国社会での「美人ウェイトレス」に対する関心は高い。中にはネットでアイドル並みの人気を博し、テレビで話題になったケースもある。

しつこい北朝鮮

韓国社会の脱北者事情に通じたジャーナリストが話す。

「12人はほとんどが平壌出身のようだ。これまで3万人の脱北者が韓国入りしているが、ほとんどが中朝国境に近いエリアから来ており、平壌出身者はごく少数だ。件の女性らは周囲に脱北経緯を明かしていないようだが、立ち居振る舞いを見れば『ああ、昨年4月の彼女たちなんだな』とわかる」

しかしだからこそ、韓国の情報当局や警察は、彼女たちの身辺保護に気を使っているようだ。すでに自由な生活を始めて久しいようだが「脱北の経緯を詮索する人物や、怪しい人物が近づかないよう、必要に応じて連絡を取り合っているようだ」(前出のジャーナリスト)。

韓国当局を懸念させているのは、北朝鮮がいまなお、彼女らは「韓国により拉致された」と主張していることだろう。北朝鮮はいま、韓国国内のエージェントやシンパを通じて、彼女たちとの接触を試みている可能性が高い。

接触し、あの手この手で説得あるいは脅迫し、平壌に連れ戻すことができれば大成果だ。連れ戻した女性をテレビに出演させ、「私は拉致された」と証言させることができれば、韓国のシンパによる当局批判を引き出すことができる。

順応に失敗の例も

このような北朝鮮側の試みを退けるうえで最も大事なのは、彼女らの新しい人生が実り多いものになることだ。生活が安定すれば、北朝鮮側からの誘いに乗ってしまう恐れも小さくなる。

ただ、脱北者の中には韓国社会への適応に失敗している人も多く、北朝鮮の誘いに負けてしまう人が毎年のように出ているのだ。そしてその責任の一端は、韓国社会の側にもある。

金正恩体制の核・ミサイルの暴走を止め、アジアに安定をもたらすためには、韓国社会が北朝鮮国民と真に融和し、助け合っていける未来が志向されなければならない。

彼女たちが今後、どのような人生を送るかは、その試金石の一つになる可能性がある。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事