そのうえで、「誰が統一の敵であり、民族の主敵なのかも見分けられず、米国の対朝鮮敵視政策に便乗して同族対決策動に執着し続けるなら、いつまでも手先の哀れな境遇から脱することはできない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

当然なもてなし

【平壌3月23日発朝鮮中央通信】共和国外務省軍縮・平和研究所の研究者リ・ソンイル氏が23日、「当然なもてなし」と題する次のような論評を発表した。

最近、米国務長官ティラーソンの日本、南朝鮮、中国歴訪を契機に、かいらいの間で自分らの哀れな境遇を自ら嘆息する声が響き出て諸国のメディアの関心を寄せている。

    関連記事