北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏がクアラルンプール国際空港で先月殺害された事件をめぐり、マレーシア当局から共同捜査の要求を拒否された北朝鮮が現地で独自に調査を行っているという。

派手な殺し方

シンガポールのテレビ局チャンネル・ニュース・アジアや地元メディアが21日の報じたところでは、殺害の実行犯として逮捕・起訴されたインドネシア国籍のシティ・アイシャ被告が住んでいたクアラルンプールの郊外エリアで最近、同被告の知人を訪ねて回る北朝鮮要員の姿が見られるという。地元の美容院店長がメディアに対し、「彼らは平壌から来て政治的陰謀を調査していると話していた」と述べている。