北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏がクアラルンプール国際空港で先月殺害された事件をめぐり、マレーシア当局から共同捜査の要求を拒否された北朝鮮が現地で独自に調査を行っているという。

派手な殺し方

シンガポールのテレビ局チャンネル・ニュース・アジアや地元メディアが21日の報じたところでは、殺害の実行犯として逮捕・起訴されたインドネシア国籍のシティ・アイシャ被告が住んでいたクアラルンプールの郊外エリアで最近、同被告の知人を訪ねて回る北朝鮮要員の姿が見られるという。地元の美容院店長がメディアに対し、「彼らは平壌から来て政治的陰謀を調査していると話していた」と述べている。

北朝鮮はこれまで、死亡したのは旅券名義の「キム・チョル」という一般国民であり、死因は「心臓発作」だと一貫して強弁。カン・チョル前大使はアイシャ被告ら女2人による毒殺と断定したマレーシア当局の捜査について、「マレーシア側が何かを隠してわれわれをだまそうとしている。われわれに害を与えようとしている敵対勢力と結託した」と主張し、国外退去となった。

ということは、マレーシアで調査に動いている要員らは「敵対勢力」の手がかりを集めようとしているのだろうか。

しかし、そんなものが出てくるはずはない。何か出てくるとすれば、黒幕が北朝鮮であることを示す証拠だけだろう。つまり北朝鮮は、自分たちはさも事件と無関係であるかのように見せるため、「調査しているフリ」をしているわけだ。

「そんなことをして、誰が本気で取り合うのだろうか?」

多くの読者は、素朴にこのような疑問を抱くのではないだろうか。しかし例えば、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部の中には、「金正男氏暗殺はCIAの仕業である」と大真面目に考え、触れ回っている人もいる。

このような、ごく少数ながら存在する「金正恩ファン」にとっては、北朝鮮が何か新しい材料を示してくれることが非常に大事なのだ。

たとえば、北朝鮮が「クアラルンプールでCIAが動いた形跡を見つけた!」と発表すると、金正恩ファンは「やっぱりか!」と盛り上がるのである。

もちろん、それで情勢が動くというわけではないのだが、それにしても正恩氏はメディアに対する意識が強いと思わざるを得ない。暗殺の手法にしても、父である金正日総書記よりよっぽど派手だ。

そもそも正恩氏は、自国メディアの報道内容を自ら細かく指導しているフシがある。そうでなければ、北朝鮮メディアが正恩氏の「ヘンな写真」を次から次へと公開できるはずがないのだ。

もしかしたらマレーシアでの現地調査は、正恩氏が書いたシナリオを構成するのに必要な素材を集めるために行っているのだろうか。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事