スイスのジュネーブで開かれている国連人権理事会第34回会議で、北朝鮮代表が15日、米国と西側諸国、韓国で「重大な人権蹂躙状況が持続している」と主張した。朝鮮中央通信が21日、報じた。

同通信によると、北朝鮮代表は、「特に米国が世界最大の人権の不毛の地であり、人権蹂躙の元凶、主犯である」と糾弾した。

また、欧州連合(EU)にも非難の矛先を向け、「数千人の難民が人身売買、性的虐待、強制労働を強要され、多くの人々が貧窮線以下で苦しんでいるのを含めて、初歩的な権利さえ保障されない所が欧州連合加盟国だ」と述べた。

さらに、「日本は、過去の特大型の反人倫犯罪に対する謝罪と賠償どころか、認定さえ回避している典型的な人権蹂躙国家、犯罪国家である」と、日本を非難。

そのうえで、「南朝鮮こそ世界最悪の人権のツンドラである」としながら「集団的誘引・拉致をはばかることなく強行して離散家族をつくるのに没頭する南朝鮮当局は、希世のテロ集団、悪魔の集団である」と韓国を非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮代表が米国と西側、南朝鮮の人権実態を暴露

【平壌3月21日発朝鮮中央通信】朝鮮代表が15日、国連人権理事会第34回会議で米国と西側、南朝鮮のひどい人権実態を暴露、糾弾した。

代表は、侵略と戦争のない平和な世界で真の人権を享受しながら幸せに暮らそうとする人類の念願が深刻な挑戦に直面しているとし、今のこの時刻にも世界の多くの国と地域で各種形態の重大な人権蹂躙(じゅうりん)状況が持続していると語った。

また、特に米国が世界最大の人権の不毛の地であり、人権蹂躙の元凶、主犯であると糾弾した。

極度の人間憎悪および人種差別、銃器犯罪が蔓延して多くの人命被害が招かれ、家なき人と流浪の乞食、失業者が満ち溢れており、子供が親の虐待によって生命を失い、収監者数が世界収監者数の25%を占めるなどの事実は、米国の嘆かわしい人権実態においてごく一部にすぎないと暴いた。

数千人の難民が人身売買、性的虐待、強制労働を強要され、多くの人々が貧窮線以下で苦しんでいるのを含めて、初歩的な権利さえ保障されない所が欧州連合(EU)加盟国だとし、EUが他国についてけなす悪習を捨て、嘆かわしい自国内の人権状況から正すことを求めた。

日本は、過去の特大型の反人倫犯罪に対する謝罪と賠償どころか、認定さえ回避している典型的な人権蹂躙国家、犯罪国家であると糾弾した。

代表は、南朝鮮こそ世界最悪の人権のツンドラであると主張した。

外部勢力による民族分裂と国土分断によって、わが民族が半世紀以上もなめている計り知れない苦痛には顔を背けたまま、集団的誘引・拉致をはばかることなく強行して離散家族をつくるのに没頭する南朝鮮当局は、希世のテロ集団、悪魔の集団であると強調した。

代表は、朝鮮は今後も、敵対勢力の前例のない悪らつな反共和国孤立・圧殺策動を粉砕して人民大衆中心の朝鮮式社会主義制度をいっそう強化発展させていくと強調した。

    関連記事