スイスのジュネーブで開かれている国連人権理事会第34回会議で、北朝鮮代表が15日、米国と西側諸国、韓国で「重大な人権蹂躙状況が持続している」と主張した。朝鮮中央通信が21日、報じた。

同通信によると、北朝鮮代表は、「特に米国が世界最大の人権の不毛の地であり、人権蹂躙の元凶、主犯である」と糾弾した。

また、欧州連合(EU)にも非難の矛先を向け、「数千人の難民が人身売買、性的虐待、強制労働を強要され、多くの人々が貧窮線以下で苦しんでいるのを含めて、初歩的な権利さえ保障されない所が欧州連合加盟国だ」と述べた。

    関連記事