北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)の代弁人(スポークスマン)は11日、韓国の憲法裁判所が朴槿恵大統領に罷免の決定を下したことに関連して声明を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

声明は、罷免の決定に対して「朴槿恵のような希世の売国奴、極悪非道な民族反逆者が行くべき道はただ、破滅と死だけであるということを立証した歴史の峻厳な警告である」と強調。

そのうえで、民和協は次のような立場を明らかにした。

1.朴槿恵の破滅的終えんは人民の無限大の力がもたらした正義の歴史的勝利であるというのが民族の一致した評価である。

2.民族を裏切り、外部勢力への追従と同族対決に狂奔する者は誰であれ、朴槿恵のような悲惨な運命を免れられないというのが、われわれの変わらない立場である。

3.民心に見捨てられた奇形的な人間のくずである朴槿恵をかばって卑劣に振る舞った米国をはじめとする有象無象にもいつかは逆徒と同じ運命が与えられるというのがこんにち、わが同胞が下す厳正な警告である。

さらに声明は、「南朝鮮人民は正義の炎で心臓の血をたぎらせ、団結の威力で親米・親日守旧勢力の牙城を崩したその情熱、その勇気をいっそう固めて歴史の反動層を完全に埋葬し、自分らの夢と理想が成し遂げられる真の新しい世の中、統一・繁栄の広闊な未来を開くために力強く闘うべきであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

民和協の代弁人、反逆と売国の末路は最も恥ずべき犬死だけだ

【平壌3月11日発朝鮮中央通信】民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは10日、南朝鮮で第18代「大統領」であった朴槿恵逆徒に対する最後の審判が下されたことに関連して11日、声明を発表した。

声明は、朴槿恵弾劾案を持っておおよそ90余日間行われてきた「憲法裁判所」の弾劾審判が激しい論難と紆余曲折の末、朴槿恵を「大統領」のポストから罷免させる最終決定を下したことについて明らかにした。

また、これは朴槿恵のような希世の売国奴、極悪非道な民族反逆者が行くべき道はただ、破滅と死だけであるということを立証した歴史の峻(しゅん)厳な警告であると強調した。 声明は、南朝鮮に生じた現事態に関連して、次のような立場を明らかにした。

1.朴槿恵の破滅的終えんは人民の無限大の力がもたらした正義の歴史的勝利であるというのが民族の一致した評価である。

今回、朴槿恵はいかなる特定勢力や政治的反対派によってではなく、ほかならぬ人民によって審判され、人民の手によって断固と処刑された。

南朝鮮の政治史に大小の大衆抗争が少なからず記録されているが、今回のように人民自身が掲げた正義のキャンドルによって不正義に打ち勝ち、無制限の権力を誇っていた親米保守「政権」のとりでを崩し、最も人民的な勝利を収めたことはかつてなかった。

2.民族を裏切り、外部勢力への追従と同族対決に狂奔する者は誰であれ、朴槿恵のような悲惨な運命を免れられないというのが、われわれの変わらない立場である。

分裂したわが民族にとって最高の正義は統一であり、絶対的真理は自主、和解、団結である。

民族のための道にささげた愛国の血は一滴だとしても誉れ高く評価され、永遠に輝くが、自分の国と自分の同胞に背を向けて売国と反民族、反逆をこととしてきた跡は千代、万代にかけて永遠に同胞の呪いと糾弾を免れられなくなるであろう。

3.民心に見捨てられた奇形的な人間のくずである朴槿恵をかばって卑劣に振る舞った米国をはじめとする有象無象にもいつかは逆徒と同じ運命が与えられるというのがこんにち、わが同胞が下す厳正な警告である。

こんにちになって、南朝鮮に生じた大混乱の阿修羅場を見ながらいくら恥を感じ、後悔するとしても、すでに世にさらけ出された自分らの恥ずかしくて愚かな正体と失策をどのように正し、何で補償することができるのか。

そんなにも「共助」だの、「パートナー」だの、何のと甘言を並べ立てていた国々も腕をこまぬいて対岸の火事のように見ただけである。

これがまさに、手先の存在価値であり、その哀れな末路である。

声明は、今、南朝鮮社会は一大変革の重大岐路に立っているとし、次のように強調した。

南朝鮮人民の反朴槿恵抗争はいったん勝利したが、真の正義と社会的進歩を実現するための闘いは始めにすぎない。

カカシのような朴槿恵逆徒を退陣させたとしていまだ根本的に変わったものはなく、南朝鮮人民がそれほど渇望する自主の新しい政治、民主の新しい社会、尊厳ある新しい生活は自ずと到来しない。

南朝鮮人民は正義の炎で心臓の血をたぎらせ、団結の威力で親米・親日守旧勢力の牙城を崩したその情熱、その勇気をいっそう固めて歴史の反動層を完全に埋葬し、自分らの夢と理想が成し遂げられる真の新しい世の中、統一・繁栄の広闊な未来を開くために力強く闘うべきであろう。

反逆と売国の末路は最も恥ずべき犬死だけであり、最後の勝利はいつも勇敢な正義の人民の側にある。

    関連記事