マレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏の息子であるハンソル氏とみられる男性の動画がユーチューブにアップされた。

私はキム・ハンソルだ

ハンソル氏とみられる男性は8日に掲載した動画で、「私は北朝鮮から来たキム・ハンソルだ。金氏一家の一員だ」と述べた上で、北朝鮮のパスポートを提示した。

男性は動画でパスポートを見せたがモザイク処理が施されており、名前は確認できなかった。今のところ、キム・ハンソル氏本人かどうかの確認は取れていないが、過去のインタビュー動画と見比べると顔つきや声などは似通っており、本人である可能性が高い。

この人物が本当にキム・ハンソル氏だとすると、金正男氏殺害事件は急展開するかもしれない。

先月13日にマレーシアのクアラルンプールで起きた金正男氏殺害事件をめぐり、北朝鮮当局は死亡した人物はあくまでも外交官パスポートを持つキム・チョル氏という人物だと主張し、幕引きを図っている。

もちろん、私たちは様々な情報の集積により、それが正男氏であることを知っている。しかし、捜査と法的処理に責任を持つマレーシア当局は、遺体の身元を公式に確認するのに必要な指紋や歯形がないため、「被害者は金正男氏である」と言い切れずにいるのだ。

ここで鍵を握るのが金正男氏の家族である。とりわけ長男であるハンソル氏はこれまでにも西側メディアに登場していたことから、その動向が注目されていた。マレーシア当局も「遺体を家族に引き渡すにはDNAサンプルの提供が必要」「まだ、引き取りを申し出た家族はいない」とアナウンスしている。

動画をアップしたのは脱北者団体を名乗る千里馬民防衛という組織だ。もし、ハンソル氏が脱北者団体と接触して、こうした動画をアップしていたとするなら、今後もより大胆な行動に打って出る可能性がある。

それは、事件の真相を解明する大きな手がかりになる一方で、ハンソル氏が北朝鮮の暗殺のターゲットになるかもしれない危険性をはらんでいる。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事