マレーシアのナジブ首相は、北朝鮮が同国にいるマレーシア国民の出国を禁じる措置を取ったことを極めて強い口調で非難し、出国を認めるよう要求した。

ナジブ氏は7日に発表した声明で、我が国の国民を人質に取るという忌々しい行為は、国際法と外交儀礼に完全に反している、北朝鮮の措置を可能な限り強く非難する、と述べた。

また、自国民保護のために必要なすべての手段の動員も辞さないと述べた。

一方で、迅速な解決を望んでいるとし、事態のさらなる悪化を避けるためにも、マレーシア国民の出国を即時認めるよう要求した。

    関連記事