さらに、「数日前も日本の内閣官房長官の口から日本軍性奴隷強制動員を否定する発言があり、朝鮮の領土である独島を日本の領土として新世代の教科書にまで公然と記述し、憲法を守るという裁判所が在日朝鮮生徒の民族教育権利をはばかることなく踏みにじった」と糾弾した。

そのうえで、「他国の地に建てられた日本軍性奴隷少女像までなくせと強弁を張り、いわゆる『北朝鮮ミサイル基地に対する先制攻撃』論までためらわずに言いふらしている」と非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委の代弁人 日本が朝鮮人民に強要したすべての不幸に対して最後まで計算する

【平壌3月1日発朝鮮中央通信】歴史に、日帝の朝鮮人虐殺、朝鮮人弾圧蛮行の血なまぐさい日に記録された1919年3月1日から98回目の年輪が刻まれた。

    関連記事