例年なら、中国に駐在する北朝鮮の貿易職員は、光明星節前に、一斉に帰国する。年度末の総和(総括)を行うためだ。そして、光明星節が過ぎれば、一斉に中国に戻ってくる。

ところが、今年は光明星節が過ぎても、駐在員たちが戻ってこず、中国にやって来る私事旅行者(親戚訪問、買い出し目的)の数も激減している。

情報筋は、金正男氏殺害事件を理由に挙げた。

    関連記事