北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、韓国で非合法団体とされている反帝民族民主戦線(反帝民戦)のスポークマンが26日、朴槿恵政権を非難する談話を発表したと報じた。

同通信は、反帝民戦の談話が「朴槿恵弾劾の審判が一日一日目前に近づくほど民衆が掲げた正義のキャンドルの火は各地でいっそう激しく燃え広がっていると明らかにした」と報じた。

続けて談話は「一握りもならない極右保守一味がキャンドルの大河をあえて阻んでみようと、その周辺で向かい火集会を繰り広げている」と糾弾し、「保守一味が繰り広げる向かい火集会というのは、民心の死刑の宣告を受けた朴槿恵逆徒に免罪符を与え、腐敗無能の『政権』を破滅の奈落から救おうとする断末魔のあがきにすぎないと嘲笑した」と伝えた。

そのうえで、「集会の様相においても保守団体の向かい火集会では理性を失った横暴非道な暴力輩の狂乱劇が繰り広げられて内外の指弾を受けている。極右保守一味の無分別な向かい火集会乱暴は朴槿恵逆徒の破滅をいっそう促すであろう」と強調したという。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

反帝民戦中央委代弁人、キャンドルの民心に挑戦する向かい火集会乱暴は朴槿恵逆徒の破滅をいっそう促すだろう

【平壌2月27日発朝鮮中央通信】インターネット・ホームページ「救国戦線」によると、反帝民族民主戦線(反帝民戦)中央委員会のスポークスマンが26日、「キャンドルの民心に挑戦する向かい火集会乱暴は朴槿恵逆徒の破滅をいっそう促すだろう」と題する談話を発表した。

談話は、朴槿恵弾劾の審判が一日一日目前に近づくほど民衆が掲げた正義のキャンドルの火は各地でいっそう激しく燃え広がっていると明らかにした。

これに一握りもならない極右保守一味がキャンドルの大河をあえて阻んでみようと、その周辺で向かい火集会を繰り広げていると糾弾した。

保守一味が繰り広げる向かい火集会というのは、民心の死刑の宣告を受けた朴槿恵逆徒に免罪符を与え、腐敗無能の「政権」を破滅の奈落から救おうとする断末魔のあがきにすぎないと嘲(ちょう)笑した。

向かい火集会に参加する者を見ても、「自由総連盟」「オボイ連合」などの極右保守団体の老いぼれ狂信者らと「自由韓国党」の朴槿恵追随者であると暴いた。

集会で叫ぶ者は不思議にもキャンドルの民心を冒とくして世論の袋だたきにされたり、性スキャンダルをはじめとする不正腐敗行為を働いて大きな物議をかもした者であると明らかにした。

極右保守団体の向かい火集会はお金に買収された俗物、有象無象の官製動員集会であると暴いた。

保守団体は自分らの向かい火集会があまりにもみすぼらしいので言論の注目を引けなくなると、その規模を数百倍も増やして偽り宣伝する卑劣で、図々しい行為もためらっていないと非難した。

談話は、集会の様相においても保守団体の向かい火集会では理性を失った横暴非道な暴力輩の狂乱劇が繰り広げられて内外の指弾を受けているとし、極右保守一味の無分別な向かい火集会乱暴は朴槿恵逆徒の破滅をいっそう促すであろうと強調した。

    関連記事