マレーシア警察当局は、13日に殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の遺族が、25日までにマレーシア入りすると明らかにした。この親族が息子のキム・ハンソル氏かどうかは明らかになっていない。マレーシアの華語紙、星洲日報が報じた。

マレーシア警察のヌール・ラシッド・イブラヒム副長官は24日、金正男氏の遺族が、遺体の身元確認と引き取りのために25日にマレーシア入りすると述べた。

副長官は、この親族がマレーシアから遠くないところにいて、警察の捜査に協力するために入国する予定であると述べたが、誰が来るかは明らかにしていない。

    関連記事