北朝鮮が、長年にわたり友好関係を維持してきた東南アジア諸国からも、遂に見放される日がやってくるかもしれない。

駐マレーシアのカン・チョル北朝鮮大使は20日午後、金正恩党委員長の異母兄・金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件を巡り、「死因の特定が遅く、マレーシア警察の捜査は信頼できない。何者かが裏にいるのではないか」などと非難する声明文を、大使館前に集まった報道陣に読み聞かせた。

米軍と死闘

カン大使は17日深夜にも一部メディアを前に「心臓発作で死んだと説明を受けた。司法解剖の必要はない」「我々をだましている。何かを隠している」などとマレーシアへの不満をぶちまけた。