北朝鮮の内閣機関紙である民主朝鮮は18日、米韓が3月に実施する合同軍事演習、「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」を糾弾する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「(米韓が)合同軍事演習を史上最大規模で強行しようとしている」としながら、「親米事大に狂い、同族対決が体質化されたかいらい一味のヒステリックな北侵戦争騒動と、これを積極的にあおり立てている米国の対朝鮮敵視政策が平和と統一を願うわが同胞の志向と要求に対する許せない挑戦であり、われわれの尊厳と自主権に対する公然の侵害行為になるということは言うまでもない」と主張した。

また、「わが共和国が自衛的戦争抑止力、核先制打撃力を千倍、万倍に打ち固めたのは、敵が振り回す侵略と暴悪の核を正義の核ハンマーで粉砕するためであった」と述べた。

そのうえで、「敵がわれわれの無慈悲な報復せん滅の意志を誤って判断してあくまで冒険的な軍事的侵攻を断行するなら、わが軍隊と人民は想像外のチュチェの戦争方式で挑発の本拠地をあっという間に火の海、廃虚につくるであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 危険ラインを越えた南朝鮮かいらい軍部好戦狂らの北侵ヒステリーを糾弾

【平壌2月18日発朝鮮中央通信】18日付の「民主朝鮮」紙は、南朝鮮のかいらい軍部好戦狂らが3月に予見された米国との「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」合同軍事演習を史上最大規模で強行しようとしていることに関連して、それを糾弾する署名入りの論評を掲載した。

論評は、これは侵略的な外部勢力と結託してわれわれの政治、経済、文化のすべての領域に対する前代未聞の圧殺攻勢に狂奔したあげく、核戦争の挑発によって共和国をなんとしても「崩壊」させようとするかいらい好戦狂らの北侵ヒステリーが危険ラインをはるかに越えているということを実証していると主張した。

また、現実は北南関係を改善し、朝鮮半島の緊張緩和と平和を願う同胞の志向と熱望に水を差すでたらめな行為をためらわない反統一事大・売国勢力が果たして誰なのかを全世界に告発しているとし、次のように強調した。

親米事大に狂い、同族対決が体質化されたかいらい一味のヒステリックな北侵戦争騒動と、これを積極的にあおり立てている米国の対朝鮮敵視政策が平和と統一を願うわが同胞の志向と要求に対する許せない挑戦であり、われわれの尊厳と自主権に対する公然の侵害行為になるということは言うまでもない。

凶器を振り回して横暴非道に襲い掛かる強盗は、いかなる論理や頼みでは絶対に追い出せないということが歴史の真理である。

わが共和国が自衛的戦争抑止力、核先制打撃力を千倍、万倍に打ち固めたのは、敵が振り回す侵略と暴悪の核を正義の核ハンマーで粉砕するためであった。

敵がわれわれの無慈悲な報復せん滅の意志を誤って判断してあくまで冒険的な軍事的侵攻を断行するなら、わが軍隊と人民は想像外のチュチェの戦争方式で挑発の本拠地をあっという間に火の海、廃虚につくるであろう。

    関連記事