金正日総書記の生誕記念日を祝う在日朝鮮人芸術団の音楽舞踊総合公演「太陽の懐へああ、行きたい」が17日、平壌大劇場で行われた。同日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、公演には最高人民会議常任委員会の金永南(キム・ヨンナム)委員長や党・国家の責任幹部などが招待された。

公演では、男声独唱「将軍への思い」、女声独唱「ああ慕わしいです」、女声三重唱「人民は呼ぶ親愛なるその名を」、混声重唱「行こう白頭山へ」などの演目が披露された。

同通信は「総聯(朝鮮総聯)の活動家と在日同胞の運命を守り、誉れ高い生の道へと導いた太陽の懐が懐かしくて歌う同胞芸能人たちの偉人称賛の賛歌は観客の心の琴線に触れた」と評した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

光明星節慶祝在日朝鮮人芸術団の招待公演

【平壌2月17日発朝鮮中央通信】光明星節(金正日総書記の誕生日)慶祝在日朝鮮人芸術団の音楽舞踊総合公演「太陽の懐へああ、行きたい」が17日、平壌大劇場で行われた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である共和国最高人民会議常任委員会の金永南委員長をはじめとする党・国家の責任幹部と友党委員長、関係者、市民が公演に招待された。

在日本朝鮮人祝賀団、海外同胞祝賀団、代表団と同胞、反帝民族民主戦線(反帝民戦)平壌支部のチョ・イルミン代表が公演を共に観た。

舞台には、男声独唱「将軍への思い」、女声独唱「ああ慕わしいです」、女声3重唱「人民は呼ぶ親愛なるその名を」、混声重唱「行こう白頭山へ」などの多彩なレパートリーが上がった。

出演者は、公演を通じて金正日大元帥の愛国・愛族・愛民の偉大な革命的生涯と業績を熱烈にたたえた。

総聯(朝鮮総聯)の活動家と在日同胞の運命を守り、誉れ高い生の道へと導いた太陽の懐が懐かしくて歌う同胞芸能人たちの偉人称賛の賛歌は観客の心の琴線に触れた。

    関連記事