北朝鮮の故金正日総書記の長男で、金正恩党委員長の異母兄に当たる金正男(キム・ジョンナム)氏が、マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害されたことを、マレーシアの警察当局が公式に確認した。

マレーシアの英字紙・スターは警察関係者の話として、金正男氏の殺害の状況を伝えている。

金正男氏は、クアラルンプールのKLIA2(LCCターミナル)でマカオ行きのフライトを待っていた。搭乗しようとしていたのは午前10時50分発のエアアジアAK8320便と思われる。これは、クアラルンプールとマカオを結ぶ唯一の路線だ。彼は案内デスクの職員に「後ろから顔を掴まれて、顔面に液体をかけられた」と体調不良を訴えた。

    関連記事