それが恐ろしくて、犯罪被害者となった脱北者たちは、泣き寝入りを強いられているのだ。

(参考記事:ねらわれる少女たち…第三国滞在中の脱北者の性犯罪被害が深刻

こうした被害を減らすのは、さほど難しいことではあるまい。中国が人道に基づいた取り締まりを行うだけで、中朝国境での人身売買は激減するだろう。

中国当局は、近代国家としての自らの責任を直視すべきだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事