北朝鮮の労働新聞は10日、金正日総書記の生誕記念日(2月16日)である光明星節を前に、正日氏の業績を称える署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「国の統一をその主人である朝鮮民族同士が力を合わせて自主的に成し遂げるべきだというのは総書記の確固不動の信念であった。金正日総書記は、百勝の先軍政治で内外の反統一勢力の挑戦をそのつど粉砕して祖国統一偉業に有利な環境を整え、民族挙げての統一運動の全盛期を開いた」と指摘。

また、「総書記が卓越した指導的風ぼうで10・4宣言をもたらすことによって、わが民族は北南関係の発展と平和・繁栄の明確な里程標をもって6・15統一時代の前進をいっそう力強く促すことができるようになった」と主張した。