北朝鮮の労働新聞は10日、金正日総書記の生誕記念日(2月16日)である光明星節を前に、正日氏の業績を称える署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「国の統一をその主人である朝鮮民族同士が力を合わせて自主的に成し遂げるべきだというのは総書記の確固不動の信念であった。金正日総書記は、百勝の先軍政治で内外の反統一勢力の挑戦をそのつど粉砕して祖国統一偉業に有利な環境を整え、民族挙げての統一運動の全盛期を開いた」と指摘。

また、「総書記が卓越した指導的風ぼうで10・4宣言をもたらすことによって、わが民族は北南関係の発展と平和・繁栄の明確な里程標をもって6・15統一時代の前進をいっそう力強く促すことができるようになった」と主張した。

さらに、「北・南・海外の全同胞は6・15共同宣言と10・4宣言を変わることなく高く掲げて両宣言を徹底的に固守、履行して、祖国の自主的統一を一日も早く成し遂げなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

 

「労働新聞」祖国統一偉業勝利の土台を築き上げた金正日総書記の業績はとわに輝く

 

【平壌2月10日発朝鮮中央通信】10日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、6・15共同宣言発表によって自主統一の時代を切り開き、10・4宣言の採択によって祖国統一偉業勝利の確固たる土台を築き上げた金正日総書記の愛国業績は祖国の歴史にとわに輝くと強調した。

論説は、国の統一をその主人である朝鮮民族同士が力を合わせて自主的に成し遂げるべきだというのは総書記の確固不動の信念であったとし、次のように指摘した。

金正日総書記は、百勝の先軍政治で内外の反統一勢力の挑戦をそのつど粉砕して祖国統一偉業に有利な環境を整え、民族挙げての統一運動の全盛期を開いた。

自主統一時代の前進とともに活気を帯びている北南関係を新たな発展段階へと引き上げるべき時代の要求と、平和と繁栄に対する同胞の念願を一身に体現した総書記はチュチェ96(2007)年10日、もう一度の北南首脳の対面を行って6・15共同宣言の実践綱領である10・4宣言を採択するようにした。

総書記が卓越した指導的風ぼうで10・4宣言をもたらすことによって、わが民族は北南関係の発展と平和・繁栄の明確な里程標をもって6・15統一時代の前進をいっそう力強く促すことができるようになった。

10・4宣言発表以後、北南総理会談をはじめ政治、経済、軍事など各分野における接触と対話がより活発に行われ、北南間に共同の推進機構が構成された。

10・4宣言の採択は、祖国と民族を誰よりも熱烈に愛し、北と南の団結と自主統一のために不眠不休の労苦をささげていた総書記へのわが同胞の敬慕の念をいっそう熱く噴出させた。

論説は、北・南・海外の全同胞は6・15共同宣言と10・4宣言を変わることなく高く掲げて両宣言を徹底的に固守、履行して、祖国の自主的統一を一日も早く成し遂げなければならないと強調した。

    関連記事