北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、6・15共同宣言実践民族共同委員会(以下、6・15民族共同委員会)北・南・海外委員長会議が発表した共同報道文を報じた。

同通信によると、7日から8日まで中国の瀋陽で6・15民族共同委員会の北・南・海外委員長会議が行われ、7項目が合意されたという。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

6・15民族共同委員会北・南・海外委員長会議が共同報道文を発表

【平壌2月8日発朝鮮中央通信】6・15共同宣言実践民族共同委員会北・南・海外委員長会議は8日、次のような共同報道文を発表した。

内外の大きな期待と関心が集中した中、6・15共同宣言実践民族共同委員会北・南・海外委員長会議が2017年2月7日から8日まで中国の瀋陽で行われた。

会議では、歴史的な7・4共同声明発表45周年と10・4宣言発表10周年に当たる意義深い今年、全民族の力を合わせて北南関係を改善し、自主統一の新しい局面を開いていくための実践的問題を討議し、次のように合意した。

1.6・15民族共同委員会は、祖国統一の3大原則と両北南宣言をはじめ民族共同の合意を尊重し、それに基づいて民族の和解と団結を図り、国の平和と北南関係の改善を積極的に促していくことにした。

2.6・15民族共同委員会は、朝鮮半島で軍事的緊張と戦争の危険を解消し、恒久的かつ強固な平和体制を構築するための多様な活動を繰り広げていくことにした。

3.6・15民族共同委員会は、北・南・海外の各階層の往来と接触、対話と交流を実現し、全民族的範囲で統一運動を活性化するために6月15日から10月4日までを北南宣言発表記念期間に定め、民族共同の記念日である6月15日、7月4日、8月15日、10月4日を契機に平壌とソウルをはじめとする北側、南側の地域で民族共同行事を催すことにした。

4.6・15民族共同委員会は、北南当局を含む各政党、団体と内外の各階層の同胞が参加する全民族的な統一大会合を今年に必ず実現させて第2の6・15統一時代を開くうえで主動的かつ先鋒的な役割を果たしていくことにした。

5.6・15民族共同委員会は、北南労働者統一サッカー大会、北南農民の民俗文化統一行事、北・南・海外の青年学生統一大会合と女性団体の代表者会議、北南宗教家の集い、抗日独立運動史跡地踏査をはじめとする階層別、部門別、団体の統一会合とスポーツ文化行事、討論会などが成功裏に行われるように極力努めることにした。

6.6・15民族共同委員会は、2018年女子アジアカップサッカー競技大会、第23回冬季オリンピック競技大会を契機に多様なスポーツ文化交流が実現されるように努めることにした。

7.6・15民族共同委員会は、日本が過去、わが民族に働いたすべての罪悪に対する謝罪と賠償を取り付け、在日同胞の民主主義的権利を獲得するための連帯活動をいっそう力強く繰り広げていくことにした。

    関連記事