北朝鮮の労働新聞は31日、南北関係を改善するためには、「その前途を阻む反統一勢力を徹底的に埋葬しなければならない」と主張する署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「北南関係を改善して国の統一と民族の繁栄を成し遂げようとするわれわれの立場には変わりがない」と強調。

また、「わが民族問題は誰かが代わって解決してくれることはできない。わが民族同士で志と心を合わせる時に解決できないことがなく、北南関係を同胞の意思と志向に即して正しく改善していくことができる」と述べた。

さらに、「北南関係を一日も早く改善するには、その前途を阻む反統一勢力を徹底的に埋葬しなければならない」としながら「北南関係改善の道を阻む反統一の障害物を取り除くための積極的な対策を取らないなら、わが民族が平和と統一を成し遂げることができず、しまいには取り返しのつかない核戦争の災難を被りかねないということを示している」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 北南関係改善のための共和国の立場には変わりがない

【平壌1月31日発朝鮮中央通信】31日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、共和国が祖国統一偉業の全行程で一貫して北南関係の改善を優先的課題とし、その実現のために惜しみない努力を傾けてきたことについて明らかにした。

論説は、北南関係を改善して国の統一と民族の繁栄を成し遂げようとするわれわれの立場には変わりがないとし、次のように強調した。

北南関係改善のためのわが共和国の主動的な各措置は徹頭徹尾、国の統一問題をその主人であるわが民族の自力で解決しようとする主体的立場、民族共通の要求と利益を優先視する愛国・愛族の観点から発したものである。

わが民族問題は誰かが代わって解決してくれることはできない。

わが民族同士で志と心を合わせる時に解決できないことがなく、北南関係を同胞の意思と志向に即して正しく改善していくことができる。

北南関係の改善に対する立場は統一か分裂か、平和か戦争かを分かつ試金石である。

北南関係を一日も早く改善するには、その前途を阻む反統一勢力を徹底的に埋葬しなければならない。

現実は、北南関係改善の道を阻む反統一の障害物を取り除くための積極的な対策を取らないなら、わが民族が平和と統一を成し遂げることができず、しまいには取り返しのつかない核戦争の災難を被りかねないということを示している。

    関連記事