韓国の聯合ニュースが29日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の内部事情に詳しい消息筋の話として報じたところによると、北朝鮮の崔泰福(チェ・テボク)最高人民会議(国会に相当)議長が2~3月に東南アジア各国の歴訪を計画したが、相手国から拒否されてしまったという。

ベトナムで死闘

崔氏の歴訪が計画されたのは、ベトナムとラオス、インドネシアだ。いずれも北朝鮮の伝統的な友好国であり、報道が事実なら、金正恩党委員長はたいへんなショックを受けているはずだ。