朝鮮中央通信が28日、「25日に中朝国境地域から非(不)法に北朝鮮に入国したアメリカ人1人が抑留された」と明らかにした。

今日の午前11時28分頃、こうした内容を伝えた通信は、「現在、該当機関で調査中」と付け足した。

このアメリカ人の北朝鮮入国の目的や人的事項など、それ以外の具体的な内容は明らかにしなかった。

去年3月には中朝国境地域を取材していた、アメリカのカレントテレビのユナ・リー記者とローラ・リン記者が抑留され、先月25日には北朝鮮人権活動家のロバート・パク(韓国名パク・ドンフン)氏が豆満江を渡って、北朝鮮に無断入国している。

パク氏は現在、北朝鮮に抑留されて調査を受けている。2人の女性記者は、北朝鮮の刑法「民族に反する犯罪」と「不法国境出入罪」で12年の労働教化型を宣告されたが、ビル・クリントン元大統領が訪朝して釈放された。

    関連記事