北朝鮮の労働新聞は21日、韓国陸軍第2工兵旅団が16日から20日まで南北軍事境界線にまたがって流れる北漢江(プクカンガン)で行った酷寒期戦術訓練などの軍事訓練に対して「北侵戦争演習騒動」と非難する論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「先日、かいらい防衛事業庁は『北の潜水艦発射弾道ミサイル脅威』に備えた『緊急対応能力』について宣伝し、海外から数十台の海上作戦ヘリをはじめ先端戦争装備を購入する計画を発表した」と指摘。

また、「最近、かいらい当局者らの中から『安保力量強化』だの、『挑発への備え』だのという好戦的暴言がやたらに吐かれているのと時を同じくしてかいらい軍部一味が北侵戦争演習騒動と武力増強にいつよりも狂奔しているのは無関心に看過すべきことではない」と強調した。

そのうえで、「それは朝鮮半島の緊張激化をあおり立て、情勢を戦争の瀬戸際へと追い込む危険きわまりない冒険として、北侵戦争狂風を荒々しく巻き起こし、『安保危機』を鼓吹して反逆『政権』の活路を開いてみようとする故意的な挑発策動だ」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮のかいらい軍部好戦狂らの無分別な挑発策動を糾弾

【平壌1月21日発朝鮮中央通信】南朝鮮のかいらい軍部好戦狂らは、いわゆる「北の核脅威」と「局地挑発」を唱えて16日から酷寒期戦術訓練というものをヒステリックに開始した。先日、かいらい防衛事業庁は「北の潜水艦発射弾道ミサイル脅威」に備えた「緊急対応能力」について宣伝し、海外から数十台の海上作戦ヘリをはじめ先端戦争装備を購入する計画を発表した。

21日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、最近、かいらい当局者らの中から「安保力量強化」だの、「挑発への備え」だのという好戦的暴言がやたらに吐かれているのと時を同じくしてかいらい軍部一味が北侵戦争演習騒動と武力増強にいつよりも狂奔しているのは無関心に看過すべきことではないと指摘した。

論評は、それは朝鮮半島の緊張激化をあおり立て、情勢を戦争の瀬戸際へと追い込む危険きわまりない冒険として、北侵戦争狂風を荒々しく巻き起こし、「安保危機」を鼓吹して反逆「政権」の活路を開いてみようとする故意的な挑発策動だと暴いた。

また、国の平和と統一を一日千秋の思いで願う全同胞の胸に銃口を突きつけるような許しがたい反逆的妄動だと糾弾した。

そして、始めを見れば終わりが分かると言われているように、年頭から同族を狙った軍事的挑発をこととしているかいらいの妄動は丸一年間を北侵の銃声・砲声で汚そうとする犯罪的悪巧みを赤裸々に暴いていると指摘した。

論評は、かいらい逆賊一味が北南関係の改善と戦争危険の解消に向けた同族の誠意ある努力にあくまでも挑戦しながら北侵野望の実現に執着し続けるなら、われわれの革命武力は戦争狂らを滅亡の窮地に永遠に押し込めて祖国統一の新しい朝をもたらすだろうと強調した。

    関連記事